小児科の看護技術とは

小児科は特殊な分野

医療業界

やりがいのある小児科看護師

病院内には様々な科がありますが、その中でも小児科は特殊な分野であり、やりがいもある科といえるでしょう。通常中学生までが入院できる科であり、小さな乳児や幼児の場合には、両親のどちらかが付き添うことが多いです。そのために患児だけでなく、親とのかかわりも重要になります。また小児科の看護技術も特殊なものが多いので、看護師として看護技術の経験を成人以上に積んでいくことができます。小児の内科や外科などすべてを包括して治療する場なので、看護師としてやりがいのある場所といえます。

小児科看護師の仕事内容

小児科の看護師は0歳~15歳迄の患者を診療科目の区別をせず看護します。一般的に働く場所は外来と病棟になりますが、場合によっては新生児の集中管理及び治療を行うNICU等の特殊な職場で働くこともあります。その中でも小児病棟で仕事内容としては医師が行う診療の公助をはじめ、急変時の対応や患者及び保護者のメンタルケア等があります。また、NICUでの仕事内容としては新生児の体調管理や医療ケア等があります。小児科といってもこのように様々なのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師に必要な豊富な知識. All rights reserved.