医師に定年はあるのか

医師の定年は何歳か

医療業界

医師の定年についての話

日本の公務員や私立病院、国立病院などの職員としての医師の定年は、65歳です。しかし、国家資格である為、開業医などで免許を返納しない限りは、有効期限は一生と言っても良いでしょう。免許に更新の制度はありません。また、院長は医者でなければならないという法規制があります。近年では、高齢でも現役として一生懸命に働く方がとても多く、メディアに取り上げられることが増えています。したがって、医師に定年はないということになります。

開業している医師には定年はない

大学病院や総合病院など大きな組織に所属している医師には、病院によってその定年年齢が決められています。しかし反対に、開業して自分で病院を経営している人にとっては定年はないといえるでしょう。通常、高齢化に伴って、身体的精神的な衰えが出てきますが、自分の認識力や判断力、また治療にかかわる身体能力などの衰えを感じることなくまだ治療にかかわっていけると思えば、開業医として続けていけるのです。また後継者がいない場合は、医師を続けざるを得ない状況もあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師に必要な豊富な知識. All rights reserved.