医師のイメージと実態

医師の仕事は激務

医療業界

医師としての激務をこなすため

医師と言うと給料が良くて待遇も良い。というイメージを持つ人がいます。給料が良いの事実でしょう。収入は勤務している科によってそれぞれ異なりますが、サラリーマンと比べると数倍から数十倍も多いようです。しかし、給料が多い分医師としての仕事は激務と言えます。なぜかというと、いつ急病患者が病院に運び込まれるか予測できません。土日であろうと、夜中であろう全く関係なく急病患者を診る必要があります。疲れていて一日ゆっくり休みたい。と思っても急病患者のために休む時間を削って治療にあたる必要があります。特に産婦人科医は、いつお産が始まるか分かりませんので安らぐ時間は少ないでしょう。では、そういった激務をこなすためにはどうすればいいでしょうか。それは、少しでも休む時間がある時に仮眠をとったり横になることです。15分でも横になって休むなら体力が回復することができます。上手に休憩をとりいれるなら激務をこなすことができるのです。

医療業界の仕事は激務なのか

医療業界は慢性的な人員不足から、忙しいイメージがあり、その中でも医師や看護師は激務であるというイメージを持つ人は少なくありません。しかしどの程度の忙しさなのでしょうか。それは病院の科や規模にもよって変わってきます。クリニックや開業医は、入院患者がいないために、週末は病院を閉めて休みをきちんととる病院がほとんどです。プライベートの時間を持つことも可能ですね。反対に大学病院や総合病院では24時間週末も常に入院患者がいます。そのため、医師も担当患者がいる場合には診察に行かなくてはいけません。また日ごろは忙しいから、週末に時間を取って診察やほかの仕事も済ませてしまおうと考える人もいるのです。また救急病棟などになると重症度が高くなり、常に緊張を強いられ激務といわざる終えません。しかし、このように忙しい状態が続くことは医師が働く環境にとって望ましくないということもあり、勤務時間の見直しや改善に向けて病院が努力しているのも事実です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師に必要な豊富な知識. All rights reserved.