医師がアルバイトをする理由

医師のバイトの事情

医療業界

大学病院で働く医師のアルバイト

大学病院で働く、医師のアルバイト事情についてご紹介いたします。多くの国公私立大学の付属病院では、週に1度程度の外勤が認められています。国公私立大学の付属病院の給与は、一般病院に勤務した際に得られる、収入に比べて、安価になっています。これは、大学病院が特異な疾病を持った患者が集まる環境であり、勉強をさせてあげるというスタンスを持っているためです。給与が安価に抑えられていても、医師のなり手が一定数集まるという前提から成り立っています。所属費、出張費などの学会費や各種参考書、交際費と非常に多くの費用が発生するために、大学病院だけの給与では、日常生活が成り立たないということも病院側は把握しており、バイトを認めているのです。外勤は、自身が居住するエリア付近の一般病院で行われることが多いです。大学で薬理学を教える教員が、小児科で副業するという例もあり、大学病院での専門と外勤の間で、関連性が無いこともあります。

好まれる当直のバイト

医師は、大学病院や総合病院、クリニックや診療所などどこかに所属して患者の診療に携わっています。日々、朝から夜まで患者に接する仕事は忙しいですよね。その中でバイトをすることがあるのでしょうか。実は人気のものがあるのです。それは当直なのです。当直というと夜間の急患患者に対応したり、入院患者の急変に対応する必要があり、医師の知識や判断力などが必要とされます。しかし、病院の人員が不足しているところになると、日勤と当直医のシフトが組めないところがあり、当直医をバイトで雇うということあるのです。この場合、入院患者については担当医から申し送りを受け注意点などあらかじめ聞いておくことができるでしょう。夜間搬送には、自分の持っている知識で対応すればいいのです。はじめのうちは当直をするということは、緊張を強いられることが多いです。しかし、経験を積んでくると当直の対応にも慣れてきます。また一回の当直でいくらといったバイト料がもらえるので、人気になっています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師に必要な豊富な知識. All rights reserved.